ゆるゆる里帰り旅行 3日目 ⑱沖縄県-3

里帰り旅行3日目。

この日もレンタカーを予約してあったので、さてさて今日は何処にいこうかな?と、考えている時に友達(1日目会った同級生の1人)からLINEが。
「昼間は空いてるから、もし予定が決まってなかったらランチに行こうよ」と嬉しいお誘い!
どこでランチするか相談した結果、「瀬長島」に行くことにしました。

瀬長島は、那覇空港から一番近い離島で、道路で繋がっているので車で行くことができます。
この島にはくねくねした坂道があり、昔は走り屋たちがドリフトしに来るスポットだったのですが、今はそこは封鎖されて、オシャレなお店が軒を連ねる観光スポットに様変わりしていました。
良かったような、寂しいような(笑)

待ち合わせより早く着いてしまったので、ちょっと海沿いで一休み。
雲は少し多めだけど、まだ晴れていて良かった。

20170619165312.jpg


20170619151846.jpg


テレビでも取り上げられたりするオシャレスポット「ウミカジテラス」へ。

20170619151846_20170619151907.jpg


LINEをくれた友達と、もう一人別の友達も来てくれて、3人でタコライスを食べました。
私は「オムタコライス」。美味しかった。

20170619151846_20170619151902.jpg

3人で高校の時の思い出話をしたり、他の2人の旦那さんやお子さんの話を聞いて爆笑したり。
あ~、楽しかった(^^)

瀬長島で2、3時間まったりして、友達と別れた後、また一人でブラブラすることに。
どこに行こうかなぁ?と何も考えないまま車を走らせて、思いつくままに首里に向かいました。
首里城でも見てこようかしらーん?と思って。
でも首里城の近くに着いたら有料パーキングしか見当たらず、しかも見学するモチベーションもそれほど高くなかったので(文化財に興味なし・笑)、そのまま通りすぎて首里の町を車でうろうろしてみました。

実は私、育ちはヤンキー天国の南部ですが、生まれは上品な古都・首里なのでございます。

昔の記憶を頼りに訪れてみた首里の町。すっかり忘れていました。坂道と狭い路地が入り組んでいて、ドライバーにとっては鬼門だったということを。
去年、小豆島でドライブしたときに、教習所の「クランク」並みに細くて狭い路地に入ってしまって泣きそうな思いをしたものですが、今回もそれに匹敵するぐらいの悪夢を体験しました。。
やっと細い路地から抜けて、広い道に出たときは心底ほっとしました。
首里の坂道と路地は、南部のヤンキーより怖かった・・・(*_*)

その後は、またしばらく車を走らせて、豊見城に出来たアウトレット・モールに行ってみました。
トリーバーチのバッグ(結構安くなってた奴)を買おうかどうしようか迷ったけど、結局買わず(^_^;)
それから、豊見城のブルーシールで一休み。(今回2回目のブルーシール)
ココナッツとラムレーズンのダブル。どっちも感激する美味しさでした。

20170619151846_20170619151912.jpg


夜は、また友達と夕飯を食べる約束をしていたので(1日目に空港に迎えにきてくれた親友)、レンタカーを返却してモノレールで待ち合わせ場所へ。
昨日も食べたけど、折角だからまた「沖縄そば」を食べに行きました!
今回は、「中身そば」。中身とは、豚さんの内臓のことです。苦手な人、すいません(^_^;) 私は子供の頃、「中身汁」という煮込みをフツーに食べてたのです。

20170619151958.jpg

やっぱり「ソーキそば」の方が、そばとしては美味しいかな?でも、まあまあ美味しかったです。

友達と夕飯を食べて、お喋りしながら少しだけ夜のドライブを楽しんで、3日目が終了。

4日目は、午前中の便で帰るため、ホテルから直接空港へ。
最後にまた、空港の中のA&W(略してエンダー)に寄りました。沖縄そばも、タコライスも、ブルーシールのアイスも、東京で食べようと思えば食べられるけど、エンダーのチキンサンドとスーパーフライだけは沖縄でしか食べられないんだもん!

20170619151958_20170619152010.jpg


エンダーの窓際の席から。すごくいい眺め!特等席でした。

20170619151958_20170619152015.jpg

エンダーを名残り惜しみつつ、いよいよ搭乗。帰京の途につきました。


離陸直後に飛行機の中からデジカメで撮影。

015_convert_20170615210746.jpg


エメラルドグリーンの海がどんどん、遠ざかっていきます。

016_convert_20170615210811.jpg


そして空の色と区別がつかなくなってしまいました(雲の下は海です)

019_convert_20170615210854.jpg

さようなら、わした島うちなー。またいつか帰るね。
みんな元気で!!私も東京で頑張って生きていきます!

 
スポンサーサイト

ゆるゆる里帰り旅行 2日目 ⑱沖縄県-2

里帰り2日目。

1日目は友達の車で南部一周のドライブを楽しんだので、2日目は自分でレンタカーを運転して、中部~北部のドライブを楽しむことにします。
予報では曇りor雨だったお天気も、フタを空けたらピーカンの青空。
やっぱり浅草寺で大吉を引いてから、私キテるかも!ラッキーガールかも!
テンション上がって自惚れが止まりません。

さて、レンタカーを借りてレッツゴー。
20年前に何度も走った、懐かしの国道58号線(略してゴーパチ)をひたすら北上するべし!
那覇、浦添、宜野湾、そして北谷、嘉手納・・・風景が少しずつアメリカンに変わっていきます。
大好きなU2を聴きながら青空の下でゴーパチをドライブ。
最高、最高、最高~\(^o^)/

途中、北谷のBig Dip(ブルーシール・アイスクリームのお店)で一休みしました。
そこはかとなくアメリカンな店内。

20170615211242_20170615211255.jpg

食べたいフレーバーがたくさんあって、迷いに迷いました(^_^;) 
バナナスザンナと塩ちんすこう味のダブルを。
子供の頃、普通によく食べてたブルーシールのアイス。懐かしいです。

20170615211242_20170615211250.jpg

いつもお世話になっている?ロックな男・田吾作(仮名)様にも、アイスクリームの詰め合わせを送りました。
前々回の日記参照)

またまたドライブ再開。

2日目の目標は、気ままにドライブをすることと、もう一つ、綺麗な海を見ることでした。
北谷から、読谷村の残波岬というところを目指します。

残波岬公園に到着。白い灯台と、向こうに海が見えてきた!

20170615211242_20170615211300.jpg


灯台の上に上れるようになっていたので(ただし階段で)、頑張って上りました。
高い所からの眺めは最高!

20170615211242_20170615211306.jpg

003_convert_20170615210059.jpg

005_convert_20170615210217.jpg


せっかくなので、浜にも下りてみました。

006_convert_20170615210241.jpg


20170615215736.jpg


ピーカンの空と、エメラルドグリーンの海、強い日差し、潮風。
本当に気持ちよかった!晴れてよかった!

それからまた海沿いの道を走り、さらに北上を続けます。
読谷~恩納~宜野座~名護に続く58号線沿いの景色が大好き。
左手の方にずーーっと海が見えていて、晴れた日は本当に気持ちがいいのです。
でも運転しながらだと、チラチラとしか見えないのが残念(^_^;)

なので途中でときどき車を止めて、一休みがてら海を眺めていました。

20170615215736_20170615215745.jpg

009_convert_20170615210415.jpg

はあ~。いくら眺めていても飽きない海。
ずっとこうやってボーっとしていたいと思いました。
ありきたりな表現だけど、本当に心が洗われた。
ストレスや不安やもやもやが、スーっと消えてどこかへ行ってしまいました。
なんくるないさぁ。


ちょっと遅めのお昼は、名護にある「道の駅許田」で沖縄そばを食べました。
沖縄そば(ソーキそば)食べたかったから、美味しかった。

20170615215737.jpg


その後「道の駅」のお土産屋さんで、友達や会社の人にあげるお土産を山ほど買いこんで、また車に乗り込みました。
もう少し北上してみようかなと思ったけど、那覇のラッシュアワーの渋滞とレンタカーの返却時間を考慮して、この辺で引き返すことに。

もと来た道を、また海をチラチラ見ながらのんびり戻ります。

途中、ふと思いついて宜野湾の「Jimmy's」に寄ってみました。
ここのバナナケーキが大好きなんだけど、意外と日持ちがしないことが発覚して断念。
その代り、これを買って帰りました。
アップルパイとブルーベリーパイ。甘さ控えめで、結構おいしいのです。

20170615233601.jpg


宜野湾の58号線沿いで見かけたタトゥーショップ。
こんな大通り沿いで普通に営業してるのが、さすがは普天間基地のお膝元という感じです。
2階はなんか道場だし。

20170615215737_20170615215755.jpg


那覇に戻って、日が暮れる前にレンタカー返却。
国際通りとかに行こうかな、と思ったけど、途中でたくさん買いこんでしまったお土産の袋は重いし、一日中運転して疲れてしまったので、夜は「ゴーヤー弁当」をテイクアウトしてホテルに戻りました。

20170615215737_20170615215801.jpg

観光地にも寄らず、ただドライブして海を見ただけの一日だったけど、私にとっては本当に素晴らしい一日でした。
自分がやりたかったことだけ、本当に満喫できた気がする。
東京に帰ってきてからも、58号線の風景や、青い海や、潮風のことを思い出して癒されています。

また沖縄の海沿いをドライブしたい!
一人でも楽しいけど、次は大切な人と一緒にあの景色を見たいな・・・なんて思ったりしたのでした。
 

ゆるゆる里帰り旅行 1日目 ⑱沖縄県-1

書く順番が前後してしまいましたが、先週、沖縄に里帰りしてきました。
里帰りといっても、もう実家もないので半分旅行みたいなモンだったけど。

数えてみたら、10年近く帰っていなかった。
久しぶりの故郷、どきどきでした。

初日、那覇空港にて。出た、「めんそーれおきなわ」(笑)

fc2blog_20170609005923ce3.jpg

この日は中学・高校時代のいちどぅし(親友)が車で迎えにきてくれました。
再会する前は、感動のあまり泣いてしまったらどうしようと思っていたけど、何故か会った瞬間から二人とも大爆笑。
「懐かしすぎてウケる~!!」「人の顔見て笑うな~!!」「ぎゃははは。」
恐るべしうちなーんちゅ。感動もへったくれもない再会でした。

友達の車に乗り込み、その足でドライブに出発。
「shimoちゃん、何処いきたい?」
「与那原(私が住んでいた町)行きたい!」
ということで、与那原から南部をぐるっと周る「懐かしい場所めぐりコース」に出かけたのでした。

通っていた中学や高校、懐かしい通り、昔からある建物やお店を見ては、思い出話に花が咲きまくり。
逆に、昔は海だったところが埋め立てられて出来た街(あがり浜)に連れていかれたときは、浦島太郎状態になったり。

お昼は、あがり浜に出来たA&W(ファーストフード店)に食べにいきました。
沖縄人なら誰でも知ってるA&W、略してエンダーです。
エンダーのチキンサンドとスーパーフライ(ポテト)が大好きなんだけど、日本では沖縄にしか店舗がないのです。

夢にまでに見たチキンサンドとスーパーフライ。
感動するぐらい美味しかった。このロゴを見るだけで「涙そうそう」だよ。

fc2blog_2017060900592548c.jpg

それから、また南部一周ドライブへ!
与那原、佐敷、知念、玉城・・・の海沿いをめぐるコースです。
ただ一日目は、天気が曇り空だったのが少し残念でした。

fc2blog_20170609005928d9e.jpg

でも懐かしかったなぁ。那覇や観光地とは違って、まったく何もない道がエンエンと続く南部。。
一時間走っても、コンビニの1件もない。人も歩いてない。道端は草ボーボー。20年前から進化してない(笑)
今朝まで東京にいたのがウソみたいでした。

やっと見つけたコンビニで遭遇した猫ちゃん。
コンビニの外で缶のキャットフードを食べていたので、もしかしたらお店の人が毎日ゴハンをあげているのかも。
不思議な色の目をしていて可愛かったな。

fc2blog_20170609005931e53.jpg


南部一周を楽しんだ後は、友達の車で那覇に向かいました。
この日は夕方から、同級生で集まって「ぷち同窓会」を開くことになっていたのです。

ちょっと早めに着いてしまったので、国際通りや壺屋やちむん通りをブラブラ。

そしたらまた可愛い猫ちゃん発見。シーサー猫だ(^o^)

fc2blog_20170609005934022.jpg


平和通りにも行ってみました。昔、夏休みだけこの辺の靴屋さんでバイトしてたことがあるよ。
懐かしいです。

fc2blog_201706090101020d5.jpg


あっ、花笠食堂がまだある!(笑)

fc2blog_20170609010105d83.jpg


ぶらぶらを楽しんだ後は、ぷち同窓会のために、友達のお店へ。
那覇でバーをやっている同級生が、この日はお店がお休みだったに関わらず、私達のために臨時で貸切にしてくれたのです。
本当にありがたいよ!
今度こそ感動の再会が待っているはず・・・と期待してお店のドアを開けたら。。
「オイ、お前、太ったなー」と開口一番ディスられました。うるさいわ(-"-)
「アンタに言われたくはないけどな」と昔の調子で応戦してしまい、またしても感動できず。


が、しかし、目の前に並んだ手料理を見て、ちょっとホッコリ。
「ヤーサして(お腹すかして)くると思って、準備しといたさ~」だって。ありがとう!

fc2blog_20170609010108c7e.jpg


その後、同級生が次々に集まってきて(合計6人)、久しぶりの再会に盛り上がって、楽しい宴になりました。
久しぶりに会っても、見た目が少し変わってても、話すとやっぱりみんな変わらない。
そんな私も「shimoちゃん、東京に長いこといるのに全然変わらんね~」と言われ、喜ぶべきかどうか考えこみました(笑)
まあいいか!

だけど、本当に楽しかったよ。長いこと会っていないのに、みんな集まってくれてありがとう!
感動というより爆笑の再会だったけど、とてもとてもハッピーな時間でした。

里帰り初日から濃い一日。やっぱり、帰ってきてよかったな。
そんな気持ちをかみしめながら、ホテルに戻ってバタンキューしたのでありました(^_^;) 

ロックの日

昨日は6/9、そう、ロックの日。
今年はロックな男と一緒に過ごしました(^^♪

沖縄からクール宅急便で送ったブルーシール・アイスクリームの詰め合わせ18個入りが、私より一足先に到着。

IMG_20170609_092535 - コピー


まずは塩ちんすこう味とチョコレート味を。いただきまーす。

fc2blog_201706092327433f5.jpg

IMG_20170609_162604 - コピー


鰹の手こね寿司もいただきまーす(作ったのは彼で、私はお皿を運んだだけ。。)
お世辞抜きでメチャクチャ美味しかった。やるじゃんダーリン。
あっという間にパクパク食べてしまいました(^_^;)

IMG_20170609_155209 - コピー

たくさん食べて、たくさん話した、楽しい楽しい一日。


帰りの夜道で、空に綺麗なお月様。
「綺麗だね」「まんまるだね」「満月かな」・・・月を見上げながら、ゆるーい会話。

ところが後で知ったのが、この日の月はストロベリームーンといって、一年に一回しか見られないレアな満月だったそうなんです。
しかも、好きな人と一緒に見ると結ばれるというジンクスがあるそうな。
何にも知らずに、二人で眺めていた私達。凄い凄い。(*^_^*)

20170610221138.jpg


ロックの日に、ロックな男と、ストロベリームーン。
何だかスペシャルな一日でした。

私達がずっとハッピーでいられますように。ストロベリームーン様にお願い。
 

カントリーロード (映画「耳をすませば」)

昔「耳をすませば」というジブリの映画を観て、映画自体はそんなに感動はしなかったですが(すいません)、その中で使われた「カントリーロード」のカバー曲だけは、大好きでずっと心に残っていました。

日本語の歌詞、意訳を通りこしてもはや別の歌になってますが、私はこっちの詞にぐっときてしまいます。
これまでの自分の心境に重なるものがあったりして。


カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

ひとりぼっち おそれずに
生きようと 夢みてた
さみしさ 押し込めて
強い自分を 守っていこ

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

歩き疲れ たたずむと
浮かんで来る 故郷の街
丘をまく 坂の道
そんな僕を 叱っている

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

どんな挫けそうな時だって
決して 涙は見せないで
心なしか 歩調が速くなっていく
思い出 消すため

カントリー・ロード
この道 故郷へつづいても
僕は 行かないさ
行けない カントリー・ロード

カントリー・ロード
明日は いつもの僕さ
帰りたい 帰れない
さよなら カントリー・ロード


映画と同じバージョンを探したけどみつからなかったので、オリビア・ニュートン・ジョンの方を。
これはこれで、かなりいいな。



なんでこの曲を思い出したかというと、明後日から沖縄に帰省するから。
今までそんなに帰りたいと思わなかったし、帰りたいと思ったら負けみたいに思っていました(^_^;)
東京の生活が全てになって、もう沖縄に住むことはないだろうなと思ってから、ふと帰ってみようかな、と思うようになりました。
なんだか矛盾してるけど。

今は、久しぶりの沖縄が素直に楽しみで楽しみでしょうがないです。
だけどこの歌の最後の詞が感傷的に響くのはなぜだろう。
本当に帰る場所はもう残っていないからなのかも。

帰りたい 帰れない
さよなら カントリー・ロード